良質な法務サービスの担い手の育成・良質な法務サービスの普及のために活動します
 
一般財団法人
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構   京都・東京

ソリスタとは

ソリスタとは

 イギリスにはBarrister(バリスタ)とSolicitor(ソリスタまたはソリシタ)と呼ばれる、二種類の弁護士(法律専門職)がいます。「バリスタ」が法廷弁護士、「ソリスタ」が事務弁護士です。現在は業務の二分化については解消されていますが、本来、バリスタは主に法廷に立って弁護活動を行う法律専門職であり、ソリスタは、行政機関への提出文書の作成、各種契約書の作成、不動産登記手続等も幅広く行う法律専門職とされてきました。依頼人との関係でいえば、依頼者と接触するのはソリスタであり、ソリスタが面談をおこない、相談内容を整理して解決に必要な道標を示します。そして訴訟に移行する場合にはソリスタを通してバリスタを選んでいました。ソリスタは、具体的には、契約書を作ったり、役所に出向いたり、関係者と協議して調整を図ったり、必要な専門家と連携をとったりと、日常のあらゆる場面で相談者に寄り添い、幅広く活躍します。

 

日本の法律サービスの現状について

 一方、我が国で法律を扱う士業と呼ばれる職は、弁護士、司法書士、行政書士、税理士、社会保険労務士など様々です。裁判といえば弁護士、と連想される方が多いでしょうが、その他の士業に関しては、法律とは日頃馴染みのない人々にとって、自分の今抱える問題を解決してくれる専門家が誰なのか分かりません。どの士業に任せればよいかということ自体、依頼人が判断するのは困難です。

 

行政書士とソリスタ

 行政書士の業務は「官公署に提出する書類の作成と提出することについての代理」「権利義務又は事実証明に関する書類の作成とその代理」とされています。前者の典型は許認可の申請です。これは要件となる根拠法令に基づく審査基準を充たす事実が存在することを行政庁に書面で示し、場合によっては折衝等の形で行政庁を説明説得して、依頼者が望むような「行政処分」という法効果を導く一連の取り組みをすることです。後者は定款や契約書、協議書といった権利・義務の発生、存続、変更、消滅に係る書類を作成することや実地調査に基づく図面や議事録といった事実証明に関する書類を作成することです。
 これらの業務の実際は、依頼人の話をじっくり聞き、その要望・意向に沿った法制度や行政サービスのメニューの提示し、各種の法手続の構成についての検討を経て、必要となる助言をおこない、依頼人と共にその目的達成や問題解決に向けてと取り組むことになります。また、依頼人本人に代わって役所の担当者と交渉や折衝をおこなうこともありますが、それはとりもなおさず根拠法令の解釈とその要件を充足する事実の提示といった行政庁の法判断作用への働きかけです。行政書士は「街の法律家」といわれますが、このように市民と接する立ち位置を見るとき、行政書士にはソリスタと同じような役割を期待することができるのです。
 
LinkIcon参考コラム:ダイヤモンドに光をあてる
 
LinkIcon(日本行政書士会連合会による行政書士業務の説明)
LinkIcon(東京都行政書士会による行政書士業務の説明)
LinkIcon(京都府行政書士会による行政書士業務の紹介)

 

京都新聞マイベストプロ京都

専門家プロファイル