地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構
修学院

相続・成年後見の用語


あ行の用語

遺言(いごん)

遺言者の死亡とともに一定の効果を発生させることを目的とする行為のことです。法律の形式に従って行う必要があります。15歳に達した者がすることができます。代理はできません。成年被後見人は、事理を弁識する能力を一時回復した時は、2人以上の医師の立会いを得てすることができます。遺言はいつでも撤回することが可能です(この場合も、法律の形式に従って行う必要があります)。

遺言執行者(いごんしっこうしゃ)

遺言者に代わり、遺言内容実現に向け必要な一切の事務を執り行う者のことです。遺言者は遺言で、遺言執行者の指定およびその委任を行うことができます。遺言によって遺言執行者が指定されていないとき又は遺言執行者がなくなったときは、家庭裁判所は申立てにより、遺言執行者を選任することができます。

遺産分割(いさんぶんかつ)

相続により、遺産が共同相続人の共同所有となったときに、各相続人の事情を考慮して遺産を分割することです。分割方法について、遺言により指定がある場合はそれに従い、指定がない場合は共同相続人の協議により、協議が調わない時又は協議ができない時は申立てによる家庭裁判所の審判により、分割します。

遺贈(いぞう)

遺言によって財産を無償で譲渡することです。包括遺贈と特定遺贈があります。

遺留分(いりゅうぶん)

被相続人の処分によって奪われないよう、相続人に保証された、相続財産の一定の割合のことです。遺留分権利者は、相続の開始及び遺留分が侵害された事実を知った時から1年、ないし相続開始の時から10年以内に、受贈者又は受遺者に対して意思表示をする必要があります(裁判による必要はありません)。この権利は、兄弟姉妹を除く法定相続人(相続放棄をした者や、廃除された者、相続欠格者を除きます)に認められます。

か行の用語

婚姻(こんいん)

婚姻をするという意思の合致と、婚姻届の提出により、成立します。男性は18歳、女性は16歳以上でなければ、婚姻できません。未成年の場合は親の同意が必要です。重婚は、禁止されています。また、女性は、前婚の解消又は取消しの日から6ヶ月を経過した後でなければ、原則として再婚できません。

婚約(こんやく)

将来婚姻をしようという当事者間の予約のことです。合意によって成立します。婚約の成立を確証し、婚姻が成立した場合に当事者ないし当事者両家間の情義を厚くする目的で授受される一種の贈与のことを、結納といいます。 

さ行の用語

親族(しんぞく)

6親等内の血族及び配偶者、3親等内の姻族をさします。

準正(じゅんせい)

父母の婚姻を原因として、非嫡出子を嫡出子へと昇格させる制度です。

相続回復請求権(そうぞくかいふくせいきゅうけん)

相続人の権利が、相続人でない人や共同相続人に侵害された時に、その回復を請求することができる権利です。この権利は、侵害された事実を知った時から5年、相続開始の時から20年以内に、行使する必要があります(裁判による必要はありません)。

相続人(そうぞくにん)

法律上は原則として、配偶者と子(子がいない時は直系尊属、子及び直系尊属がいない時は兄弟姉妹)が相続人とされています。

相続分(そうぞくぶん)

法律上は、配偶者と子の場合は1/2:1/2、配偶者と直系尊属の場合は2/3:1/3、配偶者と兄弟姉妹の場合は3/4:1/4の割合で、各相続人は相続を受けられることになっています。

相続の承認・放棄(そうぞくのしょうにん・ほうき)

相続人は、被相続人死亡の事実及びそれによって自分が相続人になったことを知った時から3ヶ月以内に、家庭裁判所に、相続を承認(単純承認を除きます)又は放棄をする旨を申述する必要があります。期間内に申述をしなければ、単純承認したものとみなされます。未成年者及び成年被後見人、被保佐人、被補助人は、単独でできません。

た行の用語

嫡出子(ちゃくしゅつし)

婚姻関係にある男女間に懐胎又は出生した子をいいます。

特別養子(とくべつようし)

実方の血族との親族関係を終了させる縁組のことです。養親となる者の請求により、家庭裁判所の審判によって成立します。特別養子の養親は、配偶者のある者である必要があり、25歳以上である必要があります(夫婦の一方が25歳に達している場合は、もう一方は20歳に達していれば足ります)。また、養子となる者は、原則6歳未満でなければなりません。

な行の用語

内縁(ないえん)

婚姻意思をもって共同生活を営み、社会的には夫婦と認められているにもかかわらず、法の定める婚姻の届出手続をしていないため、法律的には正式の夫婦と認められない男女関係のことです。内縁は、婚姻適齢(男性18歳、女性16歳)に達していなくても成立します。また、再婚禁止期間違反の内縁も認められます。内縁夫婦間には、同居や協力・扶助・貞操義務が生じます。また、日常の家事に関する債務の連帯責任も生じるとされています。

認知(にんち)

非嫡出子との間に親子関係を生じさせる行為です。届出をすることによってします。遺言でもすることができます。子、その直系卑属、又はこれらの者の法定代理人は、父に対して、認知の訴えを提起することができます。

は行の用語

非嫡出子(ひちゃくしゅつし)

婚姻関係にない男女間に生まれた子をいいます。非嫡出子と母の親子関係は、分娩の事実により当然に発生しますが、非嫡出子と父の親子関係は、父が認知することにより生じます(認知だけでは、非嫡出子のままです。嫡出子となるには、準正による必要があります)。

ま行の用語

 

や行の用語  

養子(ようし)

成年に達した者は、養子をすることができます。尊属又は年長者を養子にすることはできません。未成年者を養子にする場合は、原則として家庭裁判所の許可を得る必要があります。養子の親権は養親にあります。親族関係は実方・養方の両方とあります(もっとも、特別養子の親族関係は養方のみとなります)。

 

ら行の用語  

離婚(りこん)

離婚をするという意思の合致と、離婚届の提出により、成立します。
離婚によって、姻族関係は当然に終了し、婚姻によって氏を改めた夫又は妻は婚姻前の氏に復します(離婚の日から3ヶ月以内に所定の手続を行えば、婚姻後の氏を称することができます)。
協議が調わない時は、調停や審判、裁判によって離婚することもできます。
 

 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
スタッフのコラム
 
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
 
 
 
 
 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
スタッフのコラム
 
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル