地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構
伏見稲荷

遺言書について

【自筆証書遺言】
 「自筆証書遺言」によって遺言をするには,遺言者が,その全文,日付及び氏名を自書し,これに印を押さなければなりません。(民法第968条より)
よって,代筆やワープロで作成したものは無効となります。
 費用はかからず,いつでも書けますが,法律的に不備な内容となる場合もあります。
 遺言書を発見した者はこれを家庭裁判所に届け出なければなりません。


【秘密証書遺言】
 「秘密証書遺言」とは,遺言書の生存中,その内容を秘密にしたまま,存在のみを明確に証明してもらう遺言書をいいます。
 遺言者がその証書に署名と押印をし,公証人に提出します。
 遺言者が署名押印をすれば,代筆やワープロの作成でも構いません。
 公証人も内容を確認できませんので,不備があり無効になってしまう場合もあります。
 自筆証書遺言と同様に,家庭裁判所で検認手続きをうける必要があります。


【公正証書遺言】
 「公正証書遺言」とは,証人が2人以上立会いのもとで,遺言者が口授した内容を公証人が筆記,遺言者と証人の承認のもとで,全員が署名押印して作成されたものです。
 費用がかかりますが,公証人役場に保存させるため安全性は高く,また内容の明確性や確実性も保たれます。
 家庭裁判所に届け出る必要はありません。
 

 
 

公正証書遺言の作成

遺言書の存在意義とは?

 せっかく遺言者の意思が込められた遺言書が,残された身内間でのトラブルを招いたり,無効になったりしてしまうのは悲しいことです。 そうならないためにも,実行の確実性と無効になるリスクの低い公正証書遺言の作成をおすすめします。

 
 

公正証書遺言の作成手順

 

 
 

 
 
 

 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
スタッフのコラム
 
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル