地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

生前贈与について

 

相続税対策になる生前贈与

 
生前贈与は、相続税対策としてとても有効な手段です。
生きている内に財産の一部を贈与しておく事で、
いざ相続が発生した時の財産を少なくし相続税の節税へと繋げる事ができるのです。
しかし、ただ闇雲に贈与をしてしまうと今度は、
贈与税の対象になってしまうため注意が必要になります。
 

基礎控除の範囲内で贈与する

 
贈与税が課せられない生前贈与の方法として最もオーソドックスなのが、
基礎控除の範囲内で贈与を行うというものです。
現在、年間110万円までであれば贈与税は課税されないため、
この範囲の中で贈与を行います。
ただし、基礎控除の範囲内であっても毎年、
同じ額の贈与が繰り返されていると、
あらかじめ「総額○○万円の贈与をする意思があった」とみなされ、
総額に対する贈与税があるので
毎年一定額を贈与するという事は避けた方が良いでしょう。
 

住宅資金贈与非課税制度

 
贈与税の課税を避け、まとまった金額の生前贈与を行う事ができるのが
「住宅資金贈与非課税制度」を利用した方法です。
この制度は、住宅を購入する際に、父母や祖父母など直系尊属から受けた
資金贈与を非課税で行うことが出来る制度です。
そのため、この制度を利用するには、その贈与資金が、
住宅の新築や取得、増改築に使われなければなりません。
 

相続時精算課税制度

 
贈与した時の課税を相続時まで繰り延べる事が出来るのが
この「相続時精算課税制度」です。
この制度を利用すれば2500万円までなら、贈与時の課税は無く、
贈与した人物が無くなった際に、
他の財産と合算されて相続税額が計算される事になります。
このように生前贈与には様々な方法があります。
家族それぞれのライフプランを検討し話し合ったうえで行いましょう。
 

 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム