地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

遺言の書き方

 

遺言の書き方


「遺言書」にも種類があるのをご存じですか?
メモ書きであっても「遺言書」として認定される場合もありますが、法律的な観点から、
内容によっては問題点も多く、故人の遺志が反映されないという場合もあります。
実は、「遺言書」には、法律によって書き方が厳格に定められており、
これに従うことで、故人の遺志を確実に反映できる「遺言書」が作成できるのです。
「遺言書」には、大きく2つの種類があります。
「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」です。
「秘密証書遺言」というのもありますが、あまり一般的ではありませんので、
今回は省略させていただきます。
「自筆証書遺言」というのは、自分自身の自筆で最初から最後まで記載した「遺言書」になります。
ただし、この場合、書いた本人が亡くなった場合には、開封せずに、裁判所へもっていき
「検認の手続き」をしてもらわなくてはなりません。
これは、「遺言書」に偽造されないように防ぐためのものであり、「検認の手続き」を経て
初めて効力のある「遺言書」となるわけです。
一方で、「公正証書遺言」は、公証役場で作成してもらう「遺言書」です。
公証役場で一部保管されますし、「検認の手続き」はいりません。
亡くなったその場から有効となる「遺言書」です。内容についても、
公証役場の職員という専門家が中に入って作成しますので、記載しなければならない内容が
抜けることもありません。
そういう意味では、公証役場で作成する方が多少に費用はかかりますが、
確実な「遺言書」が作成できるのです。
 

 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム