地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

相続時の不動産の名義変更と贈与税

 

相続税と贈与税


親子や夫婦の間で、土地や家、マンションなどの不動産の名義変更をする場合があります。
相手に無償で財産を与えることになりますが、気になるのは税金ですね。
この場合の税金は、名義人である人が生きているか、
亡くなっているかによって名称が異なります。
1つは「相続税」で、被相続人が亡くなり相続が発生する時に、
相続した人に課される税金です。
もう1つは、「贈与税」で、贈与する人が生きているうちに、
受贈者に財産を無償であげたときに課される税金です。
相続税と贈与税では、課税の金額がかなり違い、とくに贈与税は、
相続税逃れがないように作られた税法なので税率が高くなっています。
 

生前の不動産贈与について


今回は、贈与税について説明をしましょう。
とくに深く考えずに不動産の名義を変えてしまい、
後で、税務署から多額の贈与税が課税されてびっくりする……
こんなケースもけっこう多いからです。
親子間や夫婦間でも、不動産という、高額な財産を贈与することになりますから、
まずは、生前贈与で名義を変更する前に、本来は税理士や税務署に相談すべきです。
仮に1000万円の価値のある不動産を単純に贈与したら約230万円の贈与税が課されます。
贈与税はとても高いのです。
ただし、夫婦間や親子間の生前贈与であれば、一定条件を満たせば一定の金額まで
贈与税がかからないという非課税枠があります。
不動産の生前贈与の非課税枠には、主に2つあり、
1、65才以上の親から20才以上の子供へ、2500万円までの贈与を、非課税にできます。
2、夫婦間贈与の特例は、夫または妻へ居住用不動産を贈与する場合、
2000万円までが非課税になります。
贈与税に関してはやはり専門家に相談することをオススメします。
贈与税に関してはやはり専門家に相談して、手順をすすめることをオススメします。
 

 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム