地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

借金の相続トラブルについて

 

借金も相続する


相続というと、財産・遺産をもらえるイメージが強いですが、
反対に、借金を背負わされることもあります。
相続人が決定し、相続が開始されると、
相続人は財産も借金もすべて亡くなった方から引き継ぐことになります。
自分がした借金ではないと主張して支払わないと、
利子がどんどんたまっていき、借金が増えるばかりです。
しかし、相続人にとっては、借金まで相続しなければならないとなると、
生活にも影響を及ぼすくらい、とても大きな負担になるでしょう。
そこで法律では救済処置を設けています。
相続が開始したことを知った時、および、自分が相続人になったことを知った時から
原則3か月以内に、家庭裁判所に相続放棄を申し出れば、最初から相続人ではなかった、
つまり相続を取り消ししてもらえるのです。
 

借金も財産も放棄する


相続放棄が家裁で認められると、借金の相続をしないですみます。
ただし、相続放棄をすると、不動産や預金など相続財産があれば、
それらもすべて相続することができなくなります。
そのため、相続放棄をする前に、相続財産よりも借金のほうが多いか、
きちんと調べることが大切です。
なお、相続放棄が認められると、相続権はアナタの順位の次の人に移ります。
第一位、第二位と順に移っていくのです。
そこで、のちに、相続人のトラブルにならないように、
相続放棄をする際には、そのことを次位の相続人に伝えておくべきです。
通常、多額の借金の相続の場合、
相続人となるすべての人が相続放棄の手続きをすることになります。
相続開始から3か月が過ぎてしまった
よく問題になるケースが、相続開始から3か月以上、または
数年たってから、悪質な金融業者が借金の請求をしてくる場合です。
このような場合にも「3か月」という期限を厳守すると、
相続人にとっては損益になるうえ、悪質な金融業者の思惑どおりになってしまいます。
そこで、相続人が、借金があることを知らなかったなど、
特別の事情がある場合には、相続開始から3か月以上たっていても、
裁判所が相続放棄を受け入れてくれることがあります。
期限を過ぎていても、あきらめずにかならず専門家に相談することが大切です。
 

 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム