地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

相続の順位と代襲相続

 

法定相続人とは


法定相続人とは、被相続人が何らかの事情で亡くなった場合に
財産を相続できる権利が発生する人物を意味します。
法定相続人となる権利を持つのは、
まず亡くなった人の配偶者、子、両親や祖父母、兄弟姉妹などが対象となります。
また配偶者の場合、内縁関係にある妻、
もしくは同棲中の恋人などはこの対象にはならず、
相続権を得ることは難しいとされています。
子が相続人となるケースは直系卑属と呼ばれますが、
再婚相手の連れ子などに限っては例外となるため、
養子縁組を行い、実子と同様の権利を得る必要があります。
 

代襲相続とは


代襲相続とは、法定相続人となりうる存在が
全て亡くなってしまっている場合に、
本来は相続権を持たない人物が権利を得られるものです。
順番で言えば配偶者から実子というように直系卑属に権利が発生しますが、
配偶者がすでに亡くなっている、そして実子も亡くなってしまっているとなると、
孫や曾孫へと権利が移っていきます。
しかし全ての方が亡くなっている場合は
直系卑属に権利が発生しなくなることになるため、
兄弟姉妹などに相続の権利が移行します。
また兄弟姉妹が相続の権利を得る場合に限り、被相続人よりも先に兄弟姉妹が
亡くなってしまったケースに関しては甥や姪に相続する権利が発生することにはなりますが、
甥や姪が先に亡くなってしまった場合にはその子たちに相続権が発生することはありません。
そのため、代襲相続と言えど、やはり被相続人と近い関係性である人物が
相続権を得られるという意味では、法定相続人の制度と変わりがないと言えるでしょう。
 

 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム