地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

法定相続人がいない場合はどうなるのか

 

法定相続人がいない場合の流れ


法定相続人というのは戸籍謄本でその権利を得られる人物を確認することが可能です。
しかし戸籍謄本の存在はごく一部の証明にしか過ぎないため、
実子の有無など法定相続人となる人物を
ここから明確にすることは完全には出来ないのが現状です。
しかしこれらを踏まえた上で法定相続人となるべき存在が現れなかった、
もしくはいないとなった場合にはどのような流れとなるのでしょう。
ここでは法定相続人がいないケースの相続の流れについてご紹介していきます。
 

法定相続人が不在の場合の手続き


法定相続人が不在と判断された場合はその財産は一時、国庫に帰属することとなります。
しかしこの手続きを行っている過程で法定相続人となる人物の存在が判明した際は、
国庫への帰属は取り消され、相続権は法定相続人に移行する形となります。
では、相続人が居ないケースの流れについてご説明していきましょう。
まず家庭裁判所において相続財産の管理人を選任します。
公告期間は2ヵ月間と定められており、この期間内に
相続人となりうる人物が現れなければ
再度2ヵ月の期間を設けて相続人の選任を行います。
この2ヵ月間の期間を過ぎても相続人が現れなかった場合、
家庭裁判所にて検察官の請求のもと、清算の手続きに移行することになります。
そしてここから6ヵ月間に法定相続人が現れなければ
相続人不在が確定し、その後3カ月間で相続財産の全て、
もしくは一部が国庫に帰属する形となります。
ただし、相続財産の中に共有財産の対象が含まれていれば、
その対象に関しては共有者に帰属する形となります。
 

 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム