地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

相続税とは具体的にどんなもの?

 

相続税とは


相続税という言葉を一度は耳にしたことがあるでしょう。
しかし具体的な内容についてはご存知ない方も多いのではないでしょうか。
今回は相続税に関する基礎知識についてご紹介します。
まず相続税が発生する場合についてですが、
これは亡くなった人の財産を相続する際にかかる税金を意味しています。
つまり、亡くなった人が残した遺産を相続する場合には
自動的にこの相続税がかかるという仕組みです。
しかし相続人の全てに対して相続税が科せられる訳ではなく、
全体の割合でいうとおおよそ5%程度と言われています。
また相続を行う際、亡くなった人の預金口座は凍結されます。
そしてここに返済すべきお金や引き落とすものがある場合は、
遺族から同意を得て預金口座の解除を行う方法と、
相続人代表を決める必要があるのです。
 

相続税の手続きとは


相続税の手続きは、亡くなってから10カ月以内に
相続人自らが申告することが条件となっています。
しかし相続人が複数存在する場合には
この相続人がそれぞれ申告する必要があるため、
代理人として誰か1人だけ申告するということは
原則として受け付けていません。
またこのような場合には通常税理士を通じて
連名として申告するのが一般的とされています。
 

相続税がかからない場合の申告とは


相続税がかからない場合、税理士を通じて申告の必要はないのでは?
と思われる方もいらっしゃいますが、
相続税が科せられない場合においても、遺産の内容次第では
所得税や住民税に大きく影響してくることになります。
この遺産の内訳については非常に複雑な仕組みとなっていますから、
相続税が科せられない金額であったとしても、
まずは専門家に相談してみることをお勧めします。
なお2015年から相続税の税率が改正されますので、
少しでも不明な点がある場合には
専門家に相談するとよいでしょう。

 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム