地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

遺産の相続人が未成年の場合

 

未成年でも遺産分割はできるの?


遺産の相続人がたとえ未成年者であっても、相続の権利は発生します。
しかし、未成年者は判断能力が未熟とされ、遺産分割には制限がかけられています。
相続人が未成年だった場合は「特別代理人」を立てる必要があるのです。
例えば、3人家族が父親の遺産を相続する場合、
母親と6歳の子には相続人として同等に遺産を分割する権利がありますが、
特別代理人を立てないと、母親が子を言いくるめることもできてしまいます。
このようなことを防ぐために、未成年の相続人には判断能力のある特別代理人を立て、
特別代理人は相続人の利益を守るために注意する必要があります。
 

特別代理人の選出


特別代理人は相続人の利益を守ることが目的のため、
相続とは無関係の人物でなければなりませんが、
それ以外に資格などは必要ありません。
そこで、祖父母やおじ・おばのように、相続に無関係の親族が務める例が多くあります。
また、特別代理人は一人に対して一人ずつ、と定められているため、
相続人の中に未成年が複数人いた場合は
人数分の特別代理人を立てることが必要です。
 

特別代理人は弁護士に


特別代理人は相続権の無い人物なら誰でも務められますが、
家族間のことを親戚に任せるのもトラブルの原因になりがちです。
遺産分割の協議は出来るだけ公平に行われるべきであり、
ここに専門知識を持った人物がいれば、何かと心強いものです。
相続人が未成年者の場合は相続を放棄することで
母親に全財産を相続させるというパターンもありますが、
その場合も弁護士を特別代理人に立てることで問題を防ぐことができます。
仮に特別代理人を立てずに遺産分割を行った場合は
相続が無効となり、トラブルの原因になります。
安心して遺産分割協議に臨みたい方は、
専門的な知識のある弁護士にまず相談することをお勧めします。
 

 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム