地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

住宅に関する贈与税のメリット

 

住宅資金の贈与税は?


家を新築するとき、父母や祖父母から資金をもらう……
よくあるパターンですが、この場合の贈与税も気になるところです。
じつは、このような場合の父母や祖父母からの住宅取得資金の贈与には、
メリットがあります。
「住宅取得等資金の贈与税の非課税」という制度で、
居住用不動産の取得又は増改築のための金銭のうち、
一定金額が非課税になるという制度です。
平成24年1月1日から平成26年12月31日までの間に、
父母や祖父母などの直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた受贈者が、
贈与を受けた年の翌年 3月15日までに、
その住宅取得等資金を自己の居住の用に供する家屋の新築もしくは取得、
または増改築等した場合にのみ適用となります。
① 原則として日本に住所を有していること
② 贈与を受けた年の1月1日において20歳以上であること
③ 贈与を受けた者のその年分の合計所得金額が、2,000万円以下であること
④ 贈与を受けた年の翌年3月15日までに、居住用不動産(増改築)を取得等して、
そこに居住すること
⑤ 配偶者や親族などからの取得等でないこと
⑥ 一定の要件を満たす家屋もしくは増改築であること
⑦ 平成24年1月1日から平成26年12月31日までにした金銭での贈与であること
⑧ この特例の適用を受ける旨の贈与税の申告書を提出すること
非課税となる金額は、住宅の種類と贈与を受けた年分によって、
次のようになっています。
贈与年分
住宅の種類 平成24年 平成25年 平成26年
省エネ等住宅 1,500万円 1,200万円 1,000万円
上記以外 1,000万円 700万円 500万円
 

 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム