地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

親からお金を借りるのは贈与になるのか

 

親からもらったお金に贈与税はかかるのか?


親からもらったお金に贈与税はかかるのでしょうか?
結論的には、贈与税はかかります。
例えば、親から500万円もらえば53万円、1,000万円もらえば231万円、
2,000万円もらえば720万円の贈与税がかかります。
もし贈与を申告していないと加算税や延滞税が課される場合もあります。
こう聞くとびっくりする人もいるかも知れません。
親からお金をもらった経験がある人は、自分も加算税や延滞税が課されるのではないか
と心配になります。
しかし、親からもらったお金に全て贈与税がかかる訳ではありません。
親(扶養義務者)からもらう生活費や教育費、その他香典、歳暮、お見舞いなど、
社会通念上相当と認められるものには贈与税は課されません。
 

親からお金を借りるのは贈与になるのか?


親子間でもお金の貸し借りはあります。
家を買う時に親からお金を借りることはしばしばあります。
では親からお金を借りることは贈与になるのでしょうか?
結論的には言えば、親からお金を借りることは贈与ではありません。
しかし、親子間のお金の貸し借りは、金融機関などに借金をするのとは事情が
かなり異なります。
初めは返済していても、そのうち返済しなくなることもあります。
そうなると親からお金を借りているのではなく、もらったことになる可能性があります。
特に親が返済を催促しないような場合は、実質的にはもらったことになります。
そうすると親が子どもにお金を贈与したことになり、贈与税が課される場合もあります。
 

親に借りたお金に相続税はかかるのか?


では親にお金を借りている間に親が亡くなった場合、どうなるのでしょうか?
親が子どもに貸しているお金は債権です。
相続人は債権も相続するので、債券にも相続税はかかります。

 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム