地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

相続と遺贈と死因贈与の違い

 

相続の方法

 
財産を譲るには、相続、遺贈、死因贈与といった方法があります。 通常、遺産を受け取る人は法定相続人ですが、相続人でない人に財産を贈る「遺贈」という方法もあります。 そこで遺贈や死因贈与など、相続の方法と違いなどについてご紹介します。
 

相続と遺贈、死因贈与の違い

 
【相続】
遺言書の有無に関係なく、被相続人が亡くなった瞬間から、相続が発生します。 被相続人が亡くなった場合、自動的に相続人に財産が相続されますが、相続には単純承認、限定承認、相続放棄の3つの方法があります。 ほとんどの相続人が単純承認を選択しますが、借金などのマイナスの財産を引き継ぐこともあるため、事前に被相続人の財産はよく調べて把握しておくことが重要です。
 
 
【遺贈】
遺言によって、財産を相続人ではない他人に無償で与えることです。 遺贈には包括遺贈と特定遺贈があります。 「遺産の3割を」というふうに財産を一定の割合で指定するものを包括遺贈といいます。 相続と異なる点は、遺贈は遺言書がなければ効力がないという点です。 また、遺贈によって受け取った財産にも相続税がかかりますが、相続人よりも2割加算された金額が課税されます。
 
 
【死因贈与】
被相続人が生前、誰かに「私が死んだらアナタに私の家をあげる」と言った場合、言われた人が「では遠慮なく、お家をいただきます」として譲ってもらうことで成立します。 このように死因贈与は遺贈とは違い、当事者間の合意による契約のみで成立し、書面は必要ありません。 しかし、当事者以外に証人がいることと、相続人全員が承諾していなければ、贈与を受けることはできません。
 

生前贈与も上手に活用しよう

 
一般的な相続とは異なり、相続税を減らす目的で生前贈与をする人が増加しています。 これは、税制改正により贈与税が見直され、トータルで考えると生前贈与を行なうほうが節税となるケースが増加したことが一因です。 しかし、贈与税は相続税に先行して支払うため、実際の相続の時にならなければ本当に有利かどうかは判断できません。 そこで、本当に有効な節税対策を行ないたい場合は、行政書士などの専門家に相談することをおすすめします。

 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム