地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

法定後見人の選任が必要となるケースとは

 

法定後見人を選任すべき時とはどんな時?

 
 あまり聞き馴染みのない「法定後見人」ですが、場合によっては選任すべきこともあります。 当事者に判断能力がないと判断されて、重要な決定や財産の管理(相続など)が難しくなると法定後見人を選任することがあるでしょう。 法定後見人といっても3種類ありますから、そのいずれに該当するかは、当事者の判断能力によります。 もちろん選任しないこともあって、ケースバイケースなのですが、トラブルなどが起こりそうな際には法定後見人をつけておくと良いでしょう。 後見人には権限が定められるようになりますので、ルールの範囲内で当事者に変わって手続きや契約、そして取り消し、相続など財産管理にも関わることになるでしょう。 最近よく高齢者が悪徳商法に巻き込まれて金銭的被害に遭う…という事件も起こっていますが、そういった被害の心配もなくなるはずです。 ただしこの制度はメリットもありますがデメリットもありますので要注意です。 例えば相続に関することを決めるために法定後見人を選任しようと思った場合、すぐに選任されるわけではなく、半年ほど期間がかかってしまうでしょう。
 

法定後見人を選任したほうが良い時について

 
 年齢を重ねるにしたがって、様々な病気にかかるリスクは当然高まるでしょう。 身体上の問題もあれば、そうではない問題も発生して、自分で自分の重要なことを判断することが難しくなることもあります。 例えば認知症になる人も多くて、そんな時にはそれ以前とは違い、当事者は財産などの管理をすることが難しいのが現状です。 様々なトラブルが発生してしまう可能性もあるわけですから、それを予防する意味でも法定後見人を選任したほうが良いでしょう。 法定後見人になる人を探さなくてはいけませんが、親族がなることもあれば、司法書士、弁護士、行政書士などに依頼する専門職後見人もあります。 親族が法定後見人になると、相続についてなど様々な面で問題が起こりやすいので、専門職後見人に依頼する人も多いです。

 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム