地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

法のプロである専門職後見人を選ぶメリットとデメリット

 

専門職後見人を選ぶメリットについて

 
 
 当事者の判断能力に問題が生じると、場合によっては後見人を選任するでしょう。もちろん事前に任意後見人を指定しているのであれば別ですが、誰を後見人にするのかという選任作業を行わなくてはいけません。 基本的には家族が行う場合もありますが、やはり親族が後見人になると思いもよらないトラブルが多数起こるかもしれません。
特に相続について、金銭面について絡んでくると大変ですから、最近は専門職後見人を探すことも多くなっています。
 専門職後見人とは、司法書士や弁護士、行政書士などの専門家が後見人になる制度のことです。 メリットについては、当然法律に詳しいので相続面などについても、適切に遂行することができるでしょう。 また財産管理や契約などを行う際に法律を知っていると、それがアドバンテージになります。
 もし家族を選任するならば、選任された後見人にかなりの負担がかかる可能性がありますし、基本はその被後見人が亡くなるまでずっと続くでしょう。 そういった意味でも専門職後見人に任せるのがおすすめで、その方が家族間のイザコザも起こりづらいのではないでしょうか。 このように専門職後見を選任することによるメリットは様々存在しています。
 
 

専門職後見人を選ぶデメリットについて考える

 
 この制度はメリットもありますが、当然のことながらデメリットもあります。 専門職後見人となるのは上記したように行政書士や弁護士などです。 ということは、報酬を支払う必要も発生してしまうでしょうが、これはデメリットです。 1年間に20or30万円程度を支払うことになるので、場合によっては負担になるかもしれません。 あと、専門職後見人は被後見人と顔を合わせる機会は多くありませんし、話をする機会もあまりないので、当事者の希望を反映しづらいかもしれません。 このようなデメリットがありますが、専門職後見人だからこそ持ち合わせている(相続に関する)強みも確かにあります。

 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム