地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

後見の概要を公示する成年後見登記制度とは

 

相続問題を起こさないためにも成年後見登記制度は重要?

 
 成年後見登記制度というのは、成年後見や保佐、そして補助に関する登記や任意後見契約についての登記のことを指しています。 成年後見制度などを利用と登記をすることになるのですが、これは古い制度でもある禁治産者制度の反省も踏まえて生まれたものでしょう。
 後見人の名前、被後見人の名前、そして権限やそれ以外にも登記された年月日、登記番号などが記されています。 この登記事項証明書を見ると概要を知ることができるでしょう。 そもそもなぜ登記事項証明書が必要なのか、という点ですが、成年後見制度を活用して後見人をつけると、本人に代わって重要な契約、相続に関する手続きなどをすることが出てくるでしょう。 その際に「正式に後見人として認められている」という証明になるのが大きな特徴なのです。
 この証明書は後見人や本人以外も請求できるのですが、ごく限られた人だけとなっています。 登記事項証明書は登記されていることを証明するものですが、逆に登記されていないことを証明するための証明書も存在しており、場合によってはこれを請求しなくてはいけないこともあります。
 

後見の概要を公示するためにも成年後見登記制度は有効

 
 成年後見制度は今の世の中で非常に素晴らしい役割を果たしています。 判断能力がない人に代って重要な契約などを行うことができるというのは大きなメリットです。 ただ場合によっては本当に後見人なのかを提示する必要もあるでしょう。
 そんな際には上記したように登記事項証明書を用いることになります。 判断能力を無くした後も相続に関する問題をはじめ、あらゆる問題に悩まされるかもしれませんが、成年後見登記制度があれば安心でしょう。 成年後見を活用する人たちというのは相続に関するトラブルに遭遇しやすい人たちともいえます。 相続問題は特に厄介ですので成年後見制度、成年後見登記制度を有効活用したいです。

 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム