地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

元気なうちに検討したい任意後見契約制度

 

任意後見契約制度であれば本人の意思を最大限尊重できる

 
 現在の日本には、成年後見制度があります。 この制度は大きく分けて2種に分けることができ、法定後見制度と任意後見制度です。前者は実際に判断能力が低下してから、周囲の人間たちが動き、後見制度を活用するというものですが、後者はまだ判断能力が十分備わっているうちに本人が任意後見人を選ぶというものです。任意後見人の選定だけではなくて、委任することになる内容についても話し合いをしておくことになり、双方間でまとまった内容を公正証書とすることが求められます。
 現代日本は高齢化社会を迎えており、比較的元気な高齢者も多いですが、認知症になる人も多数いるので、保険的な意味合いでも任意後見契約を活用するケースは多いでしょう。 特に高齢者になると相続に関する問題が多数出てきますし、自分自身の判断能力が低下してしまうと、希望しているような相続ができないかもしれません。 それを防ぐ意味でもあらかじめ信頼できる人に委任しておくことが重要になってきます。 法定後見制度であれば自らの意思を尊重することは難しいかもしれませんが、任意後見であればそれも可能になるでしょう。
 

元気なうちに検討しておきたい任意後見契約制度について

 
 自分が持っている財産の管理や相続に関することというのは、当然自分の意志で行いたいです。 元気なうちに遺言書を書いておくことも大切かもしれませんが、任意後見契約制度も検討したいです。 これはまだ元気なうちに検討すべきもので、判断能力が低下してしまってからはこれを利用することはできません。
 信頼できる人と任意後見契約を結ぶことになるわけですが、家族であってももちろん問題ありませんし、それ以外に友達や専門家を選ぶこともできます。 場合によっては相続などについてもかかわってくるとても大切な制度ですから、委任者選びはしっかりと行ってください。 任意後見契約を活用して無用な相続問題等を起こさないようにしたいです。
 

 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム