地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

成年後見制度の適正な活用のためのチェック体制とは

 

成年後見制度において重要なチェック体制

 
 需要が増していると言われる成年後見制度は、確かに魅力的な面が多くありますが、後見人・保佐人・補助人の中には、まれに不正行為を働くケースも見受けられます。 後見人が横領や着服を行なったのでは、成年後見制度が担う役割を果たすことができません。 横領や着服のような犯罪行為だけでなく、犯罪まではいかないけれども、後見人・保佐人・補助人としての役割をきちんと果たしてない人もいるでしょう。
 そういった事態を防ぐために、成年後見制度ではチェック体制が設けられています。 これは親族が後見人などになった場合や、専門家が後見人になった場合がチェックの対象となります(親族の場合は頻度が異なる場合もあり)。 この制度があるからこそ、成年後見制度が一定レベルまでは正しく機能しているのです。
 後見人は、最低でも年に1回以上は財産目録を家庭裁判所に提示し、活動報告を行う義務があります。 成年後見制度にはチェックを行う立場の人がいて、不正などが行われていないかについてしっかりチェックをします。 相続や財産など、複雑な問題に発展しやすい部分にも踏み込むことになるので、不正チェックは欠かせません。
 

成年後見制度の安心をつくるチェック体制

 
 例えば、企業で経理担当者が横領を行う事件がありますが、成年後見制度においてはこういった事態を避けるためにチェック体制が敷かれています。もし必要があれば監督人をつけることもできるので、より確実性の高いチェックが実現します。 必ずしも監督人をつける必要はありませんが、複雑な事情があったり、また何か問題が起こりそうな場合には事前に監督人をつけるケースもあります。 基本的には何らかの問題を起こしそうな人は後見人にはなりませんが、実際に横領や相続に関するトラブルが多発している昨今、通常のチェック体制だけでは不十分だと考えるのであれば、監督人をつけることを検討してみても良いでしょう。

 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム