地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

 
成年後見人の申請で重要な医師の診断書について

 

成年後見制度で必要な医師の診断書

 
 成年後見制度を利用しようと考えたときは、まず必要になるのが医師の診断書です。 後見制度には「後見」「保佐」「補助」の3つがありますが、このどれに当てはまるかは、医師の診断書次第となります。 実際には、家庭裁判所に提出された医師の診断書が有力な判断材料として審査されることになります。
 相続などに備えてあらかじめ任意後見契約を結ぶ際には、医師の診断書が不要なケースもありますが、本人に何らかの症状が現れてからの申し立てであれば、専門医の診断書は必須です。 家庭裁判所の側でどういった診断書が必要なのかは定められているので、それを医師に伝えて診断書を作成してもらいます。 基本的には、事情をよく知るかかりつけ医に診断書の作成を依頼するのがおすすめです。 この場合の診断書は、風邪など一般的な疾病の診断書とは異なるので、作成料として1万円程度かかるケースもあるようです。
 成年後見制度の存在はよく知られるようになっているので、成年後見制度に関わる診断書を作成した経験のある医師も増えています。 一般的には、神経内科や「ものわすれ外来」などがある病院に行き、専門医に診断書作成を依頼することになります。
 

後見人申請時に重要な医師の診断書

 
 成年後見制度には「後見」「保佐」「補助」があるのですが、診断書をもとに検討した結果「自分で財産管理を行えない、正常な判断が下せない」と判断された場合は「後見人」が選任されることになります。
 そして診断書から「自分の財産を一人で管理するのは難しく、絶対に支援が必要だ」と判断されれば、「保佐人」がつけられることになります。 あるいは「自分で財産や相続についてなどを管理することが不可能ではないが、支援が必要なこともある」と診断されると、「補助人」がつけられます。
 このように、どのパターンに当てはまるかが決まるには、医師の診断書は非常に重要視されるのです。 財産相続にも大いに関わってくる成年後見制度において、医師の診断書が果たす役割は思っているよりも大きいと言えるでしょう。

 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム