地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構
  • HOME
  • >
  • 相続についての基礎知識
  • >
  • 相続・遺言と成年後見の基本

相続・遺言と成年後見制度の基本

 
相続が開始されると、相続人となる権利の所在が問題になります。
現代の民法の規定によれば、死亡者(被相続人)の配偶者及び被相続人の血族である子、
親、兄弟姉妹に相続の権利が与えられており、これらを法定相続人と呼びます。
法定相続人の中で、被相続人の配偶者は常に相続人となる立場にあります。
存命中に財産の一部を贈与する生前贈与は、
相続発生時の財産を少なくすることで相続税の節税ができるため、
相続税対策として非常に有効な手段です。
他に、贈与税の課税を避けつつ、
まとまった額の生前贈与が可能な住宅資金贈与非課税制度、
贈与時の課税を相続時まで繰り延べられる相続時精算課税制度など、
生前贈与には様々な方法があります。
しかし、不用意に行うことで贈与税の課税対象とならないよう、
知っておくべき注意点はおさえておきたいものです。

灼けた空
相続人の定義

相続が開始されると誰が相続人となる権利があるのかという問題が生じます。これらは民法の規定によって決められており、死亡者の配偶者及び子供、親、兄弟姉妹にその権利が与えられます。

鴨川
生前贈与について

生前贈与は、相続税対策としてとても有効な手段です。生きている内に財産の一部を贈与しておく事で、いざ相続が発生した時の財産を少なくし相続税の節税へと繋げる事ができます。

化石
遺留分について

現代では、遺言である特定の人間にすべての財産を相続させるとあっても、法定相続人であるならば、法定相続分の1/2を相続することができます。これは「遺留分」という制度です。

鞍馬山より望む
遺言の書き方

遺言書」は、誰でも作成できますが、実は法律によって書き方が厳格に定められています。この法律に従うことで、故人の遺志を確実に反映できる「遺言書」が作成できるのです。

登山路にて
相続時の不動産の名義変更と贈与税

不動産の名義変更は、元の名義人が生きているか亡くなっているかによって名称が異なり、前者は贈与税、後者は相続税といいます。贈与税は、相続税逃れがないように作られた税法なので税率が高くなっています。

水道橋の橋桁を覗く
借金の相続トラブルについて

相続というと、財産・遺産をもらえるイメージが強いですが、反対に、借金を背負わされることもあります。相続人が決定し、相続が開始されると、財産も借金もすべて亡くなった方から引き継ぐことになります。

水道橋の上を見る
相続の順位と代襲相続
 
法定相続人とは、被相続人が何らかの事情で亡くなった場合に財産を相続する権利が発生する人のことです。法定相続人の対象となるのは被相続人の配偶者や子、両親、祖父母、兄弟姉妹などです。 

鴨川の飛び石
法定相続人がいない場合はどうなるか

法定相続人が不在と判断された場合は、財産を一時、国庫に帰属することとなります。では相続人が現れなかった場合、財産の相続はどのような流れになるのかご説明していきましょう。

日時計がある洋館
相続税とは具体的にどんなもの?

相続税という言葉を一度は耳にしたことがあるでしょう。しかし具体的な内容についてはあまりご存知でない方も多いのではないでしょうか。ここでは相続税について解説していきたいと思います。

東海道五十三次 朝の日本橋
贈与税と相続税を比較

亡くなった人から財産を相続する場合、相続する形と贈与する形ではどちらが得なのでしょうか。これは遺産の内容にもよるので確実にこちらの方が得だとは言い切れません。

東海道五十三次 夕暮れの日本橋
遺産を分割して相続するときに揉めやすいケース

遺産分割とは、亡くなった人の遺産を相続する際に相続人となる対象者が2人以上となる場合に行われるものです。この遺産分割をめぐるトラブルについて、詳しく説明します。

水道橋の様子
遺産の相続人が未成年の場合

遺産の相続人が未成年だった場合は、特別代理人を立てる必要があります。専門的な知識のある人物に任せれば、安心でスムーズな遺産分割協議を進めることができるでしょう。

水道橋の様子
相続欠格・相続廃除の対象となる相続人とは

法律上相続人とされている人物でも、不正に遺産を相続しようとした場合は相続欠格、被相続人に対して悪行を働いた場合は相続排除に該当する場合があり、相続権がはく奪されます。

贈与税・相続税の無申告や申告漏れは重大な罪に!
 

納めるべき税金が無申告または申告漏れになると、加算税・延滞税の他に刑事罰が科されます。これは相続税・贈与税にも言えることで、正しく申告するためには専門家に任せるのが一番です。

平成27年からスタートした新しい贈与税のしくみ
 
平成27年から相続増税に合わせて贈与税も改正されることになりました。贈与税を2500万円まで課さないことにより、贈与をしやすくして、景気が良くなることを期待しています。

住宅に関する贈与税のメリット
 
父母や祖父母からの住宅取得資金の贈与にはメリットがあります。「住宅取得等資金の贈与税の非課税」で、居住用不動産の取得又は増改築のための金銭のうち一定金額が非課税になる制度です。

贈与税がかからない贈与や財産
 
財産をもらったら贈与税がかかります。これはいわば当たり前のことですが、実は贈与税のかからない贈与もあります。たとえば法人からの贈与や教育資金の贈与などが代表的です。

相続人が海外にいた場合の相続方法
 
相続人が海外にいた時に被相続人が亡くなった場合の相続方法とは。遺産分割協議の場合、印鑑証明と住民票の代わりに、現地の日本領事館に「サイン証明」と「在留証明書」を発行してもらいます。

親からお金を借りるのは贈与になるか
 
親子間でもお金の貸し借りはありますが、親からお金を借りることは贈与ではありません。しかし、子どもが借金を返済しなくなれば、贈与と見なされ贈与税が課されることもあります。

生前贈与として本人に内緒で名義預金をしていませんか?
 
生前贈与として本人に内緒で名義預金をしていませんか? 贈与税には暦年贈与という110万円までの基礎控除があります。しかし、名義預金と見なされると相続税がかかります。

自宅の相続税を8割減税できる特例
 
家や事業のための宅地を相続した場合「小規模宅地等の特例」の利用がおすすめです。ある一定の要件を満たすと事業や自宅の評価額を80%減額してもらえ、相続税の減税につながります。
相続と遺贈と死因贈与の違い
 
相続には一般的な相続以外に遺贈や死因贈与などの方法があります。それぞれの意味と違いなどについてご紹介します。さらに節税が期待できるとして増加している生前贈与についてもご説明します。
成年後見制度のメリットとデメリットを知っておこう
 
成年後見制度には日常生活に支障がある方向けの法廷後見制度と呼ばれるものと、これから先判断能力が低下する可能性があるという不安がある方向けの任意後見制度と呼ばれるものがあります。
法定後見制度のしくみと3つのパターン
 
成年後見制度には、、今後の事を考え得て前もって後見人を選出するための制度としての任意後見と、既に本人に判断能力の欠如が見られるため後見人の選出を行う法定後見制度の2種類あります。
任意後見制度のしくみと3つのパターン
 
任意後制度とは、自分の判断能力が認知症などで低下することを見越して、判断能力があるうちに、将来の契約行為や相続問題などにおいて後見を行う後見人をあらかじめ決める制度です。
任意後見人を監督する任意後見監督人とは
 
不利益を被らないよう守るための制度である成年後見制度には、『法定後見制度』と『任意後見制度』があります。任意後見契約の内容を監督するために『任意後見監督人』を決める必要があります。
任意後見契約で重要になるライフプランを作成しよう
 
後見人となってくれる専門家に相談を持ちかけるとスムーズに進めることが出来ます。遺言書を兼ねるような形のエンディングノートであれば、そのまま相続の場面でも生かすことが出来ます。
成年後見制度における身上監護という仕事
 
相続は亡くなった後ですが、それ以前の段階で判断力が落ちた時にどうするかという事も考えておかなければなりません。相続だけでなく、身上監護や財産管理などについても考えておきましょう。
法定後見人の選任が必要となるケースとは
 
法定後見人はあまり耳なじみのない言葉ですが、本人が重要な判断をできなくなった際には、親族や専門職の人が法定後見人になることもあります。具体的には認知症の高齢者などに選任されます。
法定後見制度の類型とメリット・デメリット
 
法定後見制度の類型についてみていくと、それぞれの類型が持っているメリットやデメリットがよく見えていきます。財産管理、相続にも直結する重要な問題だといえるでしょう。
 
任意後見制度の申し立てに必要な手続きと費用
 
任意後見制度を利用することで、当事者は本人の意思通りの後見人を決めることができます。その部分が大きなメリットです。いざという時のために早めに手続きをするのも良いかもしれません。
法のプロである専門職後見人を選ぶメリットとデメリット
 
専門職後見人を選ぶと法律関係のプロが遂行することになるので安心感が増すでしょう。ただしメリットばかりではなくデメリットもあり、例えば1年に20、30万円程度必要です。
本人の財産を守る後見制度支援信託のしくみ
 
後見制度支援信託を利用することになると専門職後見人が選任され、場合によっては家族も後見人に選任されます。この制度ですと生活で必要のないお金は信託されるので安心です。
高齢社会でニーズが高まる市民後見人の役割と課題
 
市民後見人が様々なところで求められています。基本的にボランティアですので報酬が発生しないのは、被後見人にとってはありがたいことでしょう。ただし課題も存在しています。
成年後見制度と旧禁治産者制度との関係
 
成年後見制度は禁治産者制度が終了したことに伴ってできたものです。旧制度時代に問題視された様々な点を解消しており、新制度になった今では、多くの人が活用しています
 
後見の概要を公示する成年後見登記制度とは
 
後見の概要を示すための制度が成年後見登記制度となっています。登記事項証明書によって、後見人と被後見人の関係性を示すことができますし、様々な概要も書かれています。
法定後見制度における代理権とは
 
法定後見制度は自分で重要な判断ができなくなった人などが受ける制度です。後見人などが様々な契約や管理を代行することもありますが、それは代理権が認められているからです。
法定後見制度における同意権・取消権とは
 
法定後見制度を利用している人がたくさんいますが、後見ではなくて、保佐や補助の場合には、同意権・取消権を利用することができます。いざという時に役に立つ制度となっています。
元気なうちに検討したい任意後見契約制度
 
任意後見制度は成年後見制度に属するもので、元気なうちにあらかじめ本人が信頼できる人に委任しておくという制度です。誰を選任するかはとても大切なことですので注意してください。
成年後見に含まれる死後事務委任契約とは
 
成年後見制度は日本を支えている重要な制度と言えますが、死後事務委任契約もその中に含まれています。死後の様々な事務作業に対応してくれるのは大きなメリットでしょう。
成年後見制度のトラブルによる職権解任とは
 
成年後見制度は非常に有意義な制度で注目されていますし、多くの人が利用しています。しかしトラブルによる職権解任が多くなっているのも事実です。トラブル内容には横領などもあります。
成年後見人による横領・着服は刑事罰の扱いとなる
 
成年後見人による横領・着服に関する問題は後を絶ちません。例え後見人であっても自分の財産ではありませんから手を付けることは許されませんし、刑事罰を受けることになります。
成年後見制度における「後見」「保佐」「補助」の違い
 
相続に関与する可能性もある成年後見制度ですが、後見・保佐・補助が存在しています。それぞれ違いがあり、後見は重要な判断ができない人に適用され、後見人は多くの権利を与えられます。保佐と補助は後見よりも権利は抑えられています。
成年後見制度の適正な活用のためのチェック体制とは
 
成年後見制度は優れた制度ではありますが、中には不正を行う人もいます。被後見人などに被害が及ぶので、それを防ぐ意味でもチェック体制が設けられています。監督人をつけることもできます。
成年後見人が決まる前の「審判前の保全処分」とは
 
成年後見制度は非常に素晴らしい制度ですが、申し立てを行ってから後見人の選任がされるまで時間を要します。少しでも安心な生活を送るために、審判前の保全処分を活用したいです。
成年後見人の申請で重要な医師の診断書について
 
成年後見人に関する申請を行う際に、診断書が重要な意味を持ちます。その診断書の内容をもとに、後見、保佐、補助のどれになるのか決められます。診断書はかかりつけ医がおすすめです。
 
成年後見人の事務業務を監督する後見監督人とは
 
成年後見人制度に欠かすことが出来ない存在なのが、後見監督人になります。後見人が悪いことをしないか、そしてきちんと行うべき事務業務を行っているかどうかもチェック対象です。
成年被後見人が遺言を作成することは可能か
 
成年被後見人が遺言を作成することは可能です。ただし医師が2人以上同席している必要がありますし、他に医師による能力の有無の判定、また署名なども必要になるでしょう。
医師立会いで実現する成年被後見人による遺言作成の事例
 
成年被後見人であっても決められているルール(2人以上の医師の立ち合い等)に基づいているのであれば後見制度活用後であっても遺言の作成は可です。これらは民法973条で規定されています。
成年後見人を辞任したい場合はどうしたらよいか
 
成年後見人を辞任することもルール上は無理ではありませんが、どのような理由でも良いわけではなくて、正当な理由がないといけません。家庭裁判所が認めると辞任できます。
成年後見人の報酬制度と金額の決め方
 
成年後見人になると報酬を受けられます。報酬制度についてはルールはありますが、詳細は家庭裁判所が決めることになりますし、金額の決定も同様です。報酬の申請も自分ですることになります。
任意後見人として不適任とされる人とは
 
任意後見人として不適任とされる人は様々ですが、未成年者や破産している人はNGです。また自分氏自身が被後見人や被保佐人、被補助人という場合ももちろん不適任となるので注意してください。
 

 LinkIcon 

京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
スタッフのコラム
 
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル