地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

在留資格とビザの違い

 

在留資格と査証(ビザ)の違い


外国人が日本に上陸するためには、原則としてパスポートに査証が必要です。
査証の相互免除国については必要ありません。
ただ査証免除ということが長期の滞在を容認するものではなく、
長期間滞在する目的の場合には、在留の資格が必要になってきます。
査証の申請は入国管理局では行わず、外務省の所掌である日本大使館や領事館で行います。
この査証が発給されると入国を推薦されたことになりますが、
保証ではないので査証を受けたからと言って入国が必ず許可されるものではありません。
日本に入国するには、まず最初に査証発給の審査が行われ、
入国時の空港などで上陸審査が行われます。
このような二重の審査を経て上陸に問題がない場合に在留のための資格が与えられます。
この在留資格は、外国人の活動内容や身分に応じて規定されていますので、
各自にあった資格を取得す必要があります。
一般的に査証と在留資格が混同されて、ひとくくりにされビザと呼ばれていますが、
法律用語ではイコールではありません。
 

在留資格についてわからないことは、行政書士事務所で相談しましょう


在留資格の変更を行う場合、たとえば現在行っている活動をやめて、
または在留の目的を達成した後に、別の在留資格に属する活動を行おうとする場合には、
変更の手続きをとる必要があります。
変更を希望する場合には、在留期間中であればいつでも申請することができます。
ただ変更する条件が各自違うため手続きがわからない場合もあります。
そんなときには法律事務所で相談してみるのがよいでしょう。
法律事務所によくある相談には下記のようなものがあります。
・超過滞在で在留資格がなくなってしまったが、
日本人と結婚したのでこれからも日本に住めるように申請を行えるか?
・超過滞在で強制退去になってしまった配偶者を日本に呼び寄せる方法はないか?
・留学中に日本でアルバイトをすることができるかどうか?
・英会話学校の教師として外国から英語を母国語とする外国人を呼び寄せる場合、
どうすればいいか?
など相談は各自で違ってきます。
もし在留資格のことでわからないことがあったら、
近くの行政書士事務所に相談してみるのがよいでしょう。

 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム