地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

日本で外国人に適用される就労可能な在留資格のいろいろ

 

就労可能な在留資格について


外国人が日本に在留するためには許可を得る必要がありますが、
その際に目的別に分類される仕組みになっています。
その中には就労可能な資格とそうでない資格があります。
働くことが出来る資格にはいくつかの種類がありますが、
一般企業での雇用の場合には技術や技能、人文知識や国際業務等の在留資格を持って、
入国しているのが一般的です。
いわゆる入管法の適用を受ける外国人の内、働くことを目的として入国する場合には、
この様な形で日本に在留しているのが一般的です。
専門職として日本で働く外国人には教授や芸術、研究、医療、
報道など様々な目的別の資格があります。
テレビなどで見かける外国籍の人なども、
基本的にはこの様な在留資格を得て日本国内で働いているのです。
スポーツ選手等の中にも外国人がいますが、
それらについても興行と呼ばれる在留資格で入国しています。
従って、従事できる業務にも制限があるのが一般的です。
日本国内で自由に働けるのは基本的に永住者や日本人の配偶者、定住者などです。
 

就労には条件が付く在留資格について


日本に在留する目的が、留学や就学の場合には、
原則として働くことは認められていません。
しかし、アルバイトなど生活費を工面するための活動などの場合には、
入国管理局の許可を受けて条件付きで働ける場合もあります。
入管法の適用を受けますので、雇用側も就労時間に配慮して雇わなくてはならない、
という特徴があります。
外国人の中で入管法の適用にならない人はいませんので、
外国人を雇用しようという場合には、在留資格をしっかりと確認し、
働いても良い人材であると断定してから雇用しなければなりません。
留学の場合には、最大で週に28時間の労働が認められる場合がありますが、
条件がどうなるかについては人によって差が生じます。
そのため、入国管理局の許可がどのような内容であるかは、
資格外活動許可書の内容を確認することが求められます。
そこに就労可能な時間数が明記される仕組みになっていますので、
その内容の範囲内で雇用しなければならないと言えるでしょう。
 

 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム