地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

日本で出生した外国人の子に必要な在留資格とは

 

日本に在留するための手続きについて


日本国内で、外国人夫婦が何らかの事情で在留するということは起こり得ることです。
そして、その両親の間に子供が出来ることも特別なことではありません。
しかし子供であっても、日本国籍を有しない場合には、
日本に在留するための手続きを取らなくてはなりません。
この手続きは生まれてから30日以内に行うことが必要であり、
その期間を過ぎてしまうとオーバーステイとみなされます。
そのため期日を過ぎてしまうと、入管の手続きは本局で行うなど面倒なことになってしまいます。
そのため生まれる前から準備を始めておき、生まれてから慌てないようにすることが必要です。
現実的に30日は、あっという間に過ぎて行くので準備をしておく必要があります。
なお、生後60日以内に出国する場合にはこの様な手続きは不要です。
現行法では60日以内の在留は適法であるとされていますので、
母国に帰る等の予定がある場合には、無理をして手続きをする必要はないと言えるでしょう。
 

子供の在留資格取得の手順について


生まれた子供の在留資格を取得するために行うべきことは、
まず出征した日から14日以内に、所轄の役所に出生届を出すところから始める必要があります。
この時に、出生届受理証明書を貰うようにしましょう。
そして国籍国となる国の在日大使館、領事館に出生届及びパスポート発行申請を行いましょう。
この手続きで作られるパスポート自体は後でもかまいません。
そして出征日より30日以内に在留資格取得申請を、
住んでいる土地を所轄する入国管理局で行う必要があります。
その後、在留資格の許可がおりたら、パスポートの原本の提示と引き換えに、
在留カードの発行を受けることが出来ます。
この様な流れで生まれた子供の在留資格を得ることが出来るのです。
その際に、必要になる書類には在留資格取得申請のための書類の他に出征の証明書、
子供を含む世帯全員の住民票、子供のパスポート、両親のパスポート、
両親の収入証明等があります。
日本国内で定職を持ち、収入があることが条件となるのが一般的です。
 

 
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム