地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

国際結婚による配偶者ビザ取得にまつわるトラブルとは

 

日本人と結婚したら配偶者ビザがもらえる


外国人が日本に居住するには、ビザが必要です。
一般には就労ビザを取ることになりますが、仕事内容に制限があり職歴や学歴等過去の経歴も問われます。
審査を通って在留資格を得るには、ある程度のハードルを越えなければいけません。
外国人が日本人と国際結婚して日本に居住していくのであれば、
配偶者として在留するための配偶者ビザが発行され、「日本人の配偶者等」という在留資格に該当します。
それでも永住ビザではなく、与えられる期間は5年以内です。
以後、更新することになりますが、婚姻の証明さえ取れればほぼ問題はないものです。
ただし、実態が伴っていないことが判明すれば、認められません。
夫婦として協力して生活していなければならないのです。
また、逆に婚姻手続きはしていないが事実上の婚姻状態、内縁関係というのも認められません。
どれだけ長年、連れ添っていても、法律上婚姻の手続きをしておく必要はあるのです。
仕事の内容には、何ら制限もありません。
近年、この就労ビザと違うハードルの低さに目を付けて、配偶者ビザを取ろうとする人が出てきています。
つまり、偽装結婚により在留資格を得ている人が増えているのです。
そのためのブローカーも活躍しています。
 

配偶者ビザも難しくなった


このような状況があって、入国管理局では在留資格の審査を厳重にするようになりました。
「どこか怪しい」と感じられたら、拒否されることも増えています。
就労ビザの切れた外国人であれば、なおさら厳しいものがあります。
その場合、たとえ婚姻手続きをしたとしても、それだけでは配偶者ビザは発行されません。
入国管理局の在留特別許可が必要になります。
提出した資料により、在留資格の許可基準をクリアしなければいけないのです。
何らかの事情があるために、在留資格が得られない場合もあります。
配偶者ビザが取れなくてトラブルになったら、サポートをしてくれる専門家もいるので、
一度、連絡を取ってみると良いでしょう。
 

 
|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|31|32|33|
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム