地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

国際結婚による配偶者ビザ取得にまつわるトラブルとは

 

国際離婚をした後の在留資格


国際結婚をして日本に居住している外国人が離婚したら、持っている配偶者ビザは無効になるのでしょうか?
正解は、離婚してもその有効期限までは在留資格が残され、
離婚の調停中でも戸籍に離婚と記載されるまでは、更新手続きは行えます。
しかし、有効期限が切れてしまえば国外に退去しなくてはいけません。
もちろん配偶者ビザ以外の在留資格を持っていれば大丈夫です。
離婚ではなくても死別する場合も考えられるので、
そのような場合に備えて、引き続き在留資格を持ち続けられる制度があります。
あらかじめそのような制度で準備しておけば、慌てることもないのです。
 

配偶者ビザ喪失後も在留するためにできること


まず、国際結婚をしていた時の子供を引き取っていれば、
離婚後も子供の養育者としての在留資格が得られます。
この場合の就労制限はありません。
期間は1年間ですので、毎年更新することになります。
仕事に高い専門性があれば、それを根拠にしている在留資格もあります。
会社の経営者、電気機械土木IT関連等の技術者、通訳翻訳者、デザイナー、教員等であれば、該当します。
そうでなくても、道は残されています。
日本人配偶者との婚姻が5年以上継続していて、
その間、在留資格者として3年以上経過していれば、永住ビザの権利が得られます。
ただし、安定した職業についていなければ認められません。
これは離婚しなくても申請でき、あらかじめ取っておけるものです。
永住ビザによらず、日本人に帰化するという方法もあります。
国籍を変えれば日本人なのですから、在留資格などいらなくなります。
ただし、これにもいろいろな要件があり、そう簡単にはできません。
また、一度変えると元の国籍には戻せません。
いずれにしても在留資格の審査は、厳重にされるようになりました。
楽観的に思い込まずに、専門の行政書士に相談された方が無難です。
 

 
|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|31|32|33|
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム