地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

在留資格取得に関わる入国管理局の役割とは

 

日本における出入国を管理する入国管理局


通称、入管とも呼ばれる「入国管理局」では、
その名前が示す通り、多くの邦人と外国人の出入国を日々審査、管理しています。
国際的な交流が多くなった現代の日本において、欠かすことのできない機関の一つであると言えるでしょう。
しかし、入国管理局は代表的な職分である出入国審査以外の業務内容について、
あまり知られていないことが多いようです。
入管では、外国人登録、難民認定、在留外国人の管理およびそれに付随する事務処理を行っています。
これらは、「出入国管理及び難民認定法」という法律の主旨に基づいて行っているものであり、
国外から訪れた人々が日本で暮らすために避けて通ることのできない「関所」です。
日本に在留する権利を得るには「入国許可の要件」を満たさなくてはならず、
それに違反して不法就労などを行った場合は、強制退去を含めた罰則が課せられます。
 

外国人にとっての在留資格とは何か


外国人が日本での在留を希望するときは、「在留資格該当性」の有無を審査します。
在留資格該当性は、日本で外国人が行うことができると定められた活動を、
実際に行うか否かという点において判断がなされるので、
定められた以外の活動をするために残留することはできません。
在留できる期間はその活動の内容によって決定され、
期間内に出国する場合は、再入国許可を得ておかなければ再び残留することはできません。
在留資格取得のための条件は、入管において厳しく監査されていますので、
基本的にはここを通過することができなければ、日本国内で就労することは難しいと考えて良いでしょう。
数々の条件をクリアして、就労ビザを取得して初めて、日本で働くことが認められるのです。
入管は日本の玄関口として、非常に多くの職務を担っています。
海外からの働き手と社会を結ぶ存在として、入管は今後ますます重要な役割を担っていくものと考えられます。

 
|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|31|32|33|
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム