地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

新入管制度の「みなし再入国許可」とは

 

便利な「みなし再入国許可」


日本での在留資格を得た外国人が、在留期間の間に海外に出国し日本に帰国する場合は、「再入国許可」の手続きが必要です。
2012年に、さらに再入国手続きを簡略化するために「みなし再入国許可」の制度が始まりました。
みなし再入国許可とは、在留資格を持つ外国人が母国への帰省などで短期的に出国し、1年以内に再入国する場合、再入国許可を不要とする制度です(戦前から日本に在留している特別永住者の場合は2年)。
みなし再入国許可の手続きはとても簡単です。
日本を出国する際に、「再入国出国記録(再入国EDカード)」の「みなし再入国許可による出国を希望します」の欄にチェックを入れ、パスポートと在留カードを併せて入国審査官に提示するだけですみ、手数料も必要ありません。
この新制度によって、外国人留学生や日本人配偶者の外国人などが短期的に出国する際のする手続きが簡略化されました。
 

対象外も?みなし再入国許可の注意点


便利なみなし再入国許可制度ですが、いくつかの注意点があります。
在留資格取消中である、出国確認の留保対象者である、収容令書の発布を受けている人などは、みなし再入国制度の対象外となり、同制度を利用できません。
また、難民認定申請中の「特定活動」の在留資格で在留中の人や、「日本の利益または公安を害するおそれがある、その他出入国の公正な管理のため再入国許可を要すると認めるに足りる相当な理由があるとして法務大臣が認定する者」に該当する人も、みなし再入国許可制度の対象外です。
また、みなし再入国許可を利用して出国した場合、1年以内に再入国できなかった場合は在留資格を失う点にも注意が必要です。
みなし再入国許可の期限は1年ですが、出国中に在留資格の期限が満了する場合は、満了日までに再入国しなければなりません。
海外では在留資格の期限延長手続きを行なうことはできないので、期限内に再入国できなかった場合は在留資格を失い、日本に再入国する際は新たにビザと在留資格を申請し取得する必要があります。
これは、永住資格を取得していた場合でも消滅してしまいます。
そうなると面倒なビザと在留資格の取得を再びやり直す必要があるので、再入国と在留資格の期限には注意が必要です。
 

 
|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|31|32|33|
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム