地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構

帰化申請と永住権の比較

 

帰化申請をする前に

 
しばしば永住権と混同されがちな帰化ですが、帰化とは外国籍を離脱して外国人登録証を返納し、日本国籍を取得することです。 一方、永住権とは外国籍のまま10年以上、日本に住み続けることができる権利です。 では、帰化・永住権ともに申請するための許可要件を満たしており、これからも日本に住み続けたいといった外国人は、はたしてどちらを申請すれば得なのでしょうか。
 

帰化によるメリット&デメリット

 
帰化することで住民票ができ、日本人と同様の権利と義務が生じます。 また、日本人と同じ社会保障を受けることができます。 以下に具体的なメリットを挙げてみましょう。
●家族で同じ「戸籍」に入ることができる
●日本国のパスポートになるため、ビザなしで渡航できる国が増える
●外国人登録カードの所持義務がなくなる
●海外への往復の際、渡航手続きが楽になる
●日本人との結婚手続きが楽になる デメリットとしては、母国がどこであるかにもよりますが、里帰りの際にビザが必要となる場合があることです。
 

永住権取得によるメリット&デメリット

 
永住権を取得すれば日本に永住できるようになりますが、日本国籍を取得してはいないため、帰化のように日本人と同様の権利や社会保障は受けられません。 但し、以下のようなメリットはあります。
●在留資格から解放され、自由に仕事を選べる
●銀行からの融資を受けやすくなる
●日本で滞在するのがイヤになった時、母国に帰りやすい
気をつけなければいけないのが、永住権を取得しても、入管手続きや外国人登録カードの所持義務があるという点で、これらは帰化との大きな違いと言えます。 上記のように、永住権を得るよりも帰化する方が、社会的な権利や保障など、生活する上でのメリットは格段に増えます。 しかし、二重国籍を認めていない日本では、帰化することで母国籍を喪失することになるので、帰化によるデメリットについてはとことん熟考し、後悔のない選択と決断を迫られるものです。 帰化および永住権の申請手続きは、十分な時間をかけて熟慮の上、専門家のアドバイスのもとで確実に行ないましょう。

 
|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|31|32|33|
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
セミナー情報はこちら
 
日本ソリスタ協会・全国行政書士業務支援機構
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル
 
相続成年後見のコラム
 
在留資格のコラム