地図・交通案内地図・交通案内
お問合せお問合せ
サイトマップサイトマップ
行政書士四条烏丸法務事務所 
 075-741-8178
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
行政書士 四条烏丸法務事務所行政書士 四条烏丸法務事務所
075-741-8178
ホームホーム
所長あいさつ所長あいさつ
業務の流れ業務の流れ
よくある質問よくある質問
事務所概要事務所概要
ご予約ご予約
Service Info
法務について法務について
業務の流れ業務の流れ
取扱い法務取扱い法務
報酬について報酬について
医療法人設立医療法人設立
相続・成年後見相続・成年後見
在留資格・永住・帰化在留資格・永住・帰化
全国自治体法務支援機構全国自治体法務支援機構
  • HOME
  • >
  • 在留資格の基礎知識
  • >
  • 在留資格の基礎知識

在留資格の基礎知識

 
近年のグローバル化の進展によって、
海外展開を行うことは例外ではなくなりました。
外国人の方が日本で事業を行う場合には、在留資格の取得が必要です。
この他にも、外国人が本国から日本に来て働く場合、
新しく外国人を雇用したい場合、日本人と結婚した場合など、
それぞれの事情に合った在留資格を申請しなくてはいけません。
「在留資格」は日本に長期間滞在したり、仕事をして報酬を得るために必要なもので、
全部で27種類あり、その在留資格の許容する活動範囲内でのみ活動することができます。
また、日本国籍の取得を希望する外国人に対しての帰化の制度や手続きについても、
こちらで詳しく説明しています。

灼けた空
在留資格とビザの違い

昨今日本にやってくる外国人は増えています。日本に入国するには、ビザが必要ですが、皆さんはビザ、査証、在留資格の違いはご存知でしょうか。同じように思えるものですが違いがあるんです。

鴨川
外国人が日本に永住するには?

日本には現在約210万人の外国人が暮らしています。そのうち永住者は約60万人です。在留資格と永住権の違いと 申請のための条件、取得後に留意するべき点について説明します。

化石
帰化の条件と手続について

国際化が進む中、帰化して日本国籍を取得したいと考えている外国人が多くなっています。日本に帰化するには、一定の在留資格を持ち、経済状態などの条件を満たしている場合に申請ができます。

鞍馬山より望む
就労ビザの取得について

企業で雇用した外国人を日本に呼ぶ場合、就労ビザを申請し取得することが一般的です。在留資格にはいろいろな種類があるので、雇用者側は就労に適したビザかどうかにも注意しましょう。

登山路にて
新しい在留管理制度のメリット

新在留管理制度は、日本に中長期間在留する外国人を対象とした、在留を管理する制度です。在留期間の上限も3年から5年に延長され、出国日から1年未満の再入国も手続き不要となりました。

水道橋の橋桁を覗く
日本国内で就労が可能な在留資格

年々増加する外国人の就労者について、外国人を雇用する企業に必要な手続きとして、入国審査があります。その中でも在留資格について法律に規定される範囲を把握して起きましょう。

水道橋の上を見る
日本で外国人に適用される就労可能な在留資格のいろいろ
 
日本国内で働くためには、在留資格を確認して就労が可能であることを確認しなければなりません。在留資格には様々な種類がありますので、雇用をする場合には十分な理解が必要です。

鴨川の飛び石
日本で出生した外国人の子に必要な在留資格とは

外国人の両親の間に子供が生まれた場合、その生まれた場所が日本ならば、適切な対処をしなければ日本国内にいることが出来ません。そのため適切な対応方法について理解しておくべきでしょう。

日時計がある洋館
在留資格認定証明書に必要な書類は

在留資格を取得するためには、認定証明書が必要になります。認定証明書を発行してもらうために必要になるものは、数多くあります。また写真も必要になり、大きさも決められています。

東海道五十三次 朝の日本橋
在留資格認定証明書の交付までの期間は

亡くなった人から財産を相続する場合、相続する形と贈与する形ではどちらが得なのでしょうか。これは遺産の内容にもよるので確実にこちらの方が得だとは言い切れません。

東海道五十三次 夕暮れの日本橋
国際結婚による外国人の在留資格(配偶者ビザ)取得で必要な申請とは

日本人と国際結婚をすれば自動的に在留資格を得られると勘違いしている人もいます。申請も必要ですし、それが通るかもわかりません。不自然な点や怪しい点があると認められないでしょう。

水道橋の様子
国際結婚による配偶者ビザ取得にまつわるトラブルとは
 
在留資格を得る際にトラブルが起こることはたくさんあります。在留資格が欲しいがために偽装結婚をするケースもかなりの数あります。こういったトラブルを防ぐために審査があります。

水道橋の様子
国際結婚による配偶者ビザ取得にまつわるトラブルとは
 

国際結婚が珍しくない世の中ですが、例えば外国人が日本人の配偶者と結婚して離婚した場合にどうなるのか。これは在留資格の年数やその他の条件等によっても変わってきます。
短期滞在の在留資格における「査証相互免除協定」とは
 

 観光や商用等で短期滞在する場合に限っては、査証相互免除協定によって査証なしで入国でき、一部を除き90日間滞在できます。短期間に出入国を繰り返すと審査で入国拒否される場合があります。

不法滞在でも事情次第で与えられる「在留特別許可」とは
 
在留特別許可とは、不法滞在の外国人に特別の事情がある場合に在留が認められる特例措置です。許可が下りやすいのは日本人や定住者の配偶者や子どもの養育者、留学生などです。

 
 

人道上の措置「上陸特別許可」を取得するには
 
父母や祖父母からの住宅取得資金の贈与にはメリットがあります。「住宅取得等資金の贈与税の非課税」で、居住用不動産の取得又は増改築のための金銭のうち一定金額が非課税になる制度です。

在留資格の申請で重要な理由書(招聘理由書)作成のポイント
 
外国人を日本に呼び寄せる際には、理由書を書くことで有利になることがあります。入管に在留資格申請と、日本語の理由書を提出しましょう。作成のポイントを押さえて書くことをオススメします。

在留資格の中でもハードルの高い難民認定の現状
 
在留資格と呼ばれる外国人に対する滞在許諾は、難民認定が一番難しいとされています。入管による審査に3~5年もの年数を要するほか、ほとんどの申請が却下されることも知っておきましょう。

在留資格取得に関わる入国管理局の役割とは
 

入国管理局(入管)には多くの役割があります。特に、外国人に対する在留資格の審査には深いかかわりを持っているのです。外国人が在留資格を得る場合、入管は避けて通れません。
中長期在留者が注意すべき「在留カード」の更新
 

中長期在留者の在留更新においては、2012年以降の新制度のもとに「在留カード」が交付されています。変更届けや更新を忘れた場合は、懲役刑や罰金刑が科せられるので注意が必要です。

在留資格取消(ビザ取消)制度と任意出国
 

在留資格取消制度は、不正や虚偽申告などが発覚した場合に在留資格を取り消す制度で、在留資格通りの活動の停止や居住地の変更届を怠った場合も含まれます。任意出国は適法と見なされます。

在留資格取消に対する異議申し立てはどこまで可能?
 

在留の取消に際して外国人は意見聴取で一度だけ異議申し立てができるので、このとき自分に有利な主張を行なわねばなりません。出頭通知は軽視せず速やかにプロにサポートを依頼しましょう。

在留資格取消が行なわれない「正当な理由」とは
 
在留資格取消処分は「正当な理由」があれば取消を免れることができます。例として、勤務先の倒産で就職活動中、病気で休学して長期療養中だが復学を強く希望している等が挙げられます。
留学中のアルバイトで必要な資格外活動許可とは
 
留学で日本に滞在している外国人は働いてはいけないのですが、資格外活動の許可を取ればアルバイトをしても良いのです。そこで、資格外活動許可を申請方法などについてご説明します。
資格外活動許可が取り消される事由とは
 
在留資格以外の就労活動には資格外活動許可が必要です。ただし、資格外活動許可を受けても、それに違反するようなことがあれば取り消され在留資格更新の際に不利になるため、注意しましょう。
新入管制度の「みなし再入国許可」とは 
 
日本での在留資格を得た外国人が1年以内に再入国する予定で出国する場合はみなし再入国許可により再入国手続きは不要です。期限内に入国できない場合は在留資格が消滅するので注意が必要です
 
海外から呼び寄せた家族の在留資格はどうなるのか
 
日本での在留資格を持つ外国人が海外で生活している家族を呼び寄せるには、配偶者と子に限り家族滞在で在留資格を得られますが、日常的な活動に限られるため就労には資格外活動許可が必要です。
 
「家族滞在」での在留で注意すべきこと
 
家族滞在の在留資格は呼び寄せた配偶者や子に対する経済支弁能力があるのかを証明する必要があります。親を特定活動で呼び寄せる場合も生活費や医療費の負担などが総合的に審査されます。
 
年金が未納で帰化申請するには?
 
帰化申請では国民年金の加入していることが条件です。しかし、国民年金に加入していなくても、年金保険料を納めていなくても帰化できるといったケースもあるので、それをご紹介します。
 
永住と帰化の比較
 
帰化・永住権の両方とも、申請に必要な条件を満たしている場合で、今後も日本に住み続けたい外国人は、果たしてどちらを申請すれば良いのか帰化申請と永住権の比較をしてみました。
 
 
 
 
|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|31|
京都の行政書士事務所の案内です
行政書士京都の所長あいさつ行政書士京都の所長あいさつ
行政書士京都の事務所写真行政書士京都の事務所写真
地図・交通案内,行政書士京都地図・交通案内,行政書士京都
リンク,行政書士,京都リンク,行政書士,京都
 
京都の行政書士へのお問合せ
 
所長のコラム
 
採用情報
 
スタッフのコラム
 
 
京都新聞マイベストプロ京都
 
専門家プロファイル